離婚や相続税法などの問題を解決【トラブル解決専門隊】

プロの専門家選び

これからは目的に合った専門家を探す時代

オフィスレディ

通常高齢者が亡くなると、相続の問題が生じてきます。ことに最近は少子化に加えて子供達が親と離れて住んでいることが多いため、相続時には何かと面倒がかかるという事情があります。 相続を扱う専門家には弁護士、行政書士、司法書士、税理士などがありますが、それぞれに行うことができる業務とできない業務があります。自分達の状況にはどのような専門家が相応しいのか、選択しなければなりません。また、昨今は亡くなった人が海外に不動産を所有しているといったケースも見られます。こんな時には国際法にも通じている税理士が必要になってくるでしょう。 ですので、たくさんの中から自分達の状況に合った専門家を選ぶために、今後はこうした相続のための専門家の紹介システムや紹介サービスが発展してくるのはないでしょうか。 複雑化する相続に対応するため、フレキシブルな対応が求められていくと言えるでしょう。

まずは状況を把握することから始めよう

相続に関わる専門家には弁護士や行政書士など、いくつかの専門職がありますが、ではどのような点に気を付けてこれらの中から選んだら良いのでしょうか。 まずそれぞれの専門職には得意分野があります。例えば、相続問題というと弁護士を思い浮かべるかもしれませんが、弁護士は相続税の申告は行ってくれません。それは税理士の仕事になります。税理士は相続登記は行いませんが、司法初期の資格も有する税理士もいるので、その場合には可能です。 ですから、誰に相談するかと考える前に、自分達にはどのような助けが必要なのか、という点について明確にする必要があります。単に登記の問題でしたら司法書士が専門分野ですし、料金もリーズナブルです。また、まずは遺産の目録を作りたいというのであれば、行政書士がぴったりでしょう。 ただでさえ誰かが亡くなった後はゴタゴタするものです。適切な専門家の手を借りて、1日も早く新しい生活へ歩を踏み出してください。